ACアダプターならユニファイブ

ACアダプターの商品複合検索

 

NewsACアダプターのUNIFIVE問い合わせ先
国内の代理店・取扱店一覧はこちら
ANETshop

Knet

facebook

認証

認証

BSMI-RoHS-CNS 15663第5節「含有状況表示声明書」は弊社の「商品検査マーク」表示済み製品に適用されます

電源の各種規格に対応致します。

詳細は個別の仕様を御確認願います。

詳細は個別ACアダプターの仕様を御確認願います

 

製品導入事例(情報技術機器向けACアダプター)

製品導入事例 【情報技術機器向けACアダプター

情報技術機器とは?

情報技術機器とは、IECで定められている技術基準のIEC60950にて、指定されている機器が該当すると規定されております。実は、私達の生活の身近なところには、沢山の「情報技術機器」が溢れています。

対象となる機器が多いので、以下にて一部の例を抜粋させて頂きます。IECの流れを組む日本のPSEの技術基準のJ60950では、以下のような機器が該当するとの記載がございます。

 

例)  電話機、FAX、モデム、コピー機、ルーター、事務機器、録音機、パソコン、公共情報端末、等

 

上記のように、一部の例を抜き出しただけでも、幅広い機器が記載されており、そこに加えて、記載以外の他の機器であっても、認証機関の審査によっては情報機器に該当するよう連絡を受ける場合もあり、非常に幅の広い適用規格となっています。

これらに該当する装置に使うACアダプターでは、国内であればPSEの別表第八か、別表十二のJ60950の技術基準での評価を合格しなければなりません。

また、海外市場向けではIECの技術基準であるCBスキームに加盟している国であれば、 IEC60950の技術基準と、同等の各国独自の安全規格の要求に合致することが求められ

ます。

以下は各国技術基準のみを抜き出したものですが、IEC60950が各国で共通になっているのが、わかりやすいと感じましたので、ご紹介させて頂ききます。

 

例)

情報技術機器を、アメリカ合衆国及び、欧州で販売をご希望の場合に必要な、    

法的な安全規格の「技術基準」の比較

 

  IEC技術基準 UL技術基準   CEの技術基準

    IEC60950       UL60950          EN60950    

 

またCBスキームに批准していない国でも、台湾や中国のように、IEC60950に極めて近い、技術基準を設けている国も多数ございます。

ユニファイブでは、これらの情報技術機器に該当するアイテム向けに、IEC60950を取得済みの、幅広いラインナップをご用意しております。

  

また、シリーズによって差はありますが、取得したIEC60950を使用して、各国の609650基準の安全規格も取得しておりますので、お客様のご要望のACアダプターが見つかります。

まずは、当社にお問い合わせを頂くか、当社カタログをご確認頂ければ幸いです。

  

  

製品導入事例 1 

以前、海外からWi-Fiのアクセスポイントを輸入されているお客様より、機器を輸入しているが、同梱されているACアダプターは、海外の規格のACアダプターの為、プラグの形状も違い、同じような規格を取得できている、信頼性の高いACアダプターがほしいとの連絡を、頂戴したことが有ります。

対象の選定にあたり、PSEとIEC60950が取得できているACアダプターを提案することはもちろんですが、以下のような内容を確認し、評価をして頂きました。

①  DCプラグはどの様な物が良いか

②  信頼性データの提出。MTBFや寿命資料、オープンショート試験等々

評価は無事承認を頂き、確実に販売期日までに量産品を納品し、出荷に間に合いました。

    

製品導入事例 2

国内の某キャリア様向けのルーター用カスタム電源の作成

以前、上記の通り、お客様から、国内の大手通信業者向けのACアダプターのカスタム作成依頼を頂戴したことが御座います。

製品は国内向けなのですが、信頼性の付帯条件としてIEC60950を順守するという付帯条件と、通信業者様からの信頼性基準及び、機器製造をされる、お客様の独自の

電源採用基準の両方をクリアする必要があり、カスタム対応をさせて頂きました。

事例1にも挙げましたが、こういったケースの電源に関するご要望のヒアリング、お客様の用途に関する初動での確認は、弊社にお任せください。

弊社では初動段階で、その時点で必要な電源採用基準の情報について、弊社ユニファイブの経験豊富な電源コンサルタント達が、率先してヒアリングを行い、満足をいただけるソリューションをご提案させて頂いております。

要求の中には製品の発熱に関する規定や、伝導ノイズの調整など、お客様とどのように対応するのかを細かく話し合い、調整する必要がある項目も御座いましたが、無事に開発を終え、量産品を期日通りにしっかりと納品し、対応させて頂きました。

この機器では、PSEとIEC60950の取得費と回路開発費、冶具作成費など、カスタムと安全規格取得に関わる費用をお客様にご負担頂きましたが、このような細かな

 

対応も当社がお客様に喜んで頂ける対応の一つかと思います。