ACアダプターならユニファイブ

ACアダプターの商品複合検索

 

ACアダプターのUNIFIVE問い合わせ先
国内の代理店・取扱店一覧はこちら
ANETshop

Knet

facebook

認証

認証

BSMI-RoHS-CNS 15663第5節「含有状況表示声明書」は弊社の「商品検査マーク」表示済み製品に適用されます

電源の各種規格に対応致します。

詳細は個別の仕様を御確認願います。

詳細は個別ACアダプターの仕様を御確認願います

 

ACアダプターの発熱はどう対応していますか?

みなさまからよく頂くご要望は以下があります。

・ACアダプターのケース表面温度を下げたい。
・特殊環境化でのACアダプター使用を検討したい。
・ACアダプターの安全性をより向上させたい。
・偶発的な部品故障による問題を回避させたい。
・発熱を抑える事により効率改善したい。

発熱対策について

お客様より、ACアダプターに対する発熱対策を、ユニファイブとしてどのように取り組んでいるのか、お問い合わせを多く頂くことが御座います。
ACアダプターにおける発熱対策は、製品特性及び安全・品質性の確保には重要不可欠な対応となります。

では、なぜ重要不可欠として挙げられるのか、その理由は、発熱がACアダプターにおける製品特性及び安全・品質性に大きく影響されるからです。発熱を抑えることにより「小型化の実現」及び「製品寿命の改善」、「エネルギー効率の改善」など、より長くご使用いただける為、これらの対策がACアダプターの特性向上に結びつき、市場での使用における発熱に起因する「低温火傷などによる人体への影響」「発煙・発火」などの重大事故防止につながります。

ユニファイブでは市場における安全性を重視に、日本国内は電気用安全法(PSE)、また海外向け(日本国内を含む)ではIEC規格の技術基準を満たす安全製品設計を行っています。またお客様より市場における様々な用途に対するご要望から、各ユーザーのライフスタイルに合わせたご要望も承ります。

ユニファイブは、お客様のニーズに出来る限りお応え出来るよう、製品提案及び設計・開発、製品生産まで親身になって携わらせて頂いております。

熱対策として弊社では以下をご提案しております。

・ご要望規格値に合わせたACアダプターのご提案。
・放熱シールド等の追加によるご提案。
・発熱対策部品の追加によるご提案。
・定格容量の見直し
・ケース構造の見直し
 

具体的な発熱対策の例

ではユニファイブとして、具体的にどの様に発熱対策に取り組んでいるのか。まずは設計・開発において「ヒートシンクの設計・改良」、「放熱シールドの追加」、「放熱性に優れた基板の選定」、「搭載部品の選定」、「対策部品の追加」、「部品間における空間距離の確保」、「ケース構造の見直し」など様々な熱対策の検討を行い、また製品評価において各技術基準を満たした「使用環境温度」、「長期信頼性試験」など各種環境試験の実施、またお客様が市場で安心・安全にご使用頂く為の「お客様の機器環境条件に合わせた試験」など、品質・安全性の確保および確認を実施する事で、市場における安心・安全な製品の供給を実現しています。

一例になりますが、写真での「ヒートシンクの設計・改良」により「小型対応化の実現」、および発熱を抑える事により「発熱に対する安全性の確保」が可能となります。またご要望により、特殊環境化でのACアダプターのご使用をご希望されるお客様へは「搭載部品の見直し」及び「ACアダプター自体の定格値の見直し」等により、ご使用機器の対応・実現に努めております。

今後ユニファイブは通信機器におけるIOT時代に向け、ご使用環境に合わせたものづくりや、医療機器における使用条件に適合したものづくりなど、お客様からの様々なご要望にお応えできるよう、発熱対策に取り組ませて頂きます。
 

 

 


*ヒートシンクの設計により放熱性を高め、より小型化が実現でき、お客様に安心・安全にご使用頂けるよう設計しております。