ACアダプターならユニファイブ

ACアダプターの商品複合検索

 

ACアダプターのUNIFIVE問い合わせ先
国内の代理店・取扱店一覧はこちら
ANETshop

Knet

facebook

認証

認証

BSMI-RoHS-CNS 15663第5節「含有状況表示声明書」は弊社の「商品検査マーク」表示済み製品に適用されます

電源の各種規格に対応致します。

詳細は個別の仕様を御確認願います。

詳細は個別ACアダプターの仕様を御確認願います

 

ACアダプターの電波Noiseによる障害はどうしたらよいですか?

Noiseの解決は大変に頭の痛い問題です

・電波塔および高圧電線などによる種類の障害。
・FM/AMラジオおよびTVなどの電波による障害。
・WiFi機器等による無線電波による障害。
・Set機器との組合せで発生するNoiseを軽減したい。
・ACアダプター本体より発生するNoiseを軽減したい。

電波Noiseによる障害の対策として以下をご提案しております。
・ご要望規格値に合わせACアダプターのご提案。
・電磁シールドの追加によるご提案。
・Nosie特性に合わせた対策部品での調整および部品追加。
・お客様よりご提供頂いたセット機器との調整による対応のご提案。

ACアダプターの電波ノイズによる障害はどうしたらよろしいでしょうか?

ACアダプターのノイズ対策対応について

お客様より、ACアダプターの電波ノイズによる障害はどうしたらよろしいでしょうか?というご質問を、多数お問い合わせ頂いております。ノイズと一言で申しましても、これは通信系のノイズと、音響系のノイズ等様々な規定要求がございます。

今回、特殊な種類の音響系ノイズ【Beat Noise】の実例を、挙げたいと思います。
Beat Noiseとは、アナログテレビジョン信号の画像受信で、斜めの縞模様状に発生するノイズの事です。(波打ちノイズ、妨害正弦波等の事です。)

つまり、普段、コンサートのステージ上で、大型スピーカー、ギターアンプ等、2台以上の接続をする際、音声が出来る前(無音の時)に、スピーカー等からハウリングなど、耳鳴りのような種類のノイズ音が出る事象です。

こうした事象は、電源から発生したノイズが、スピーカーに流れ、ノイズ音は耳障りになります。通常、ACアダプターのGNDと、信号接続のGNDが、LOOP接続になる事が起因と考えられます。ゲイン(利得)不足、搬送波同士の干渉の原因に対する対策は、得てして難しい事が多いです。

現状、ユニファイブは音響機器関連のお客様向けに、カスタム開発をしており、この問題を解決する為、以下の設計改善方法を取り入れております。

①ACアダプターの一次側と2次側のGND接続を分離する

                     

                      【改善前】                                                                   【改善後】

②ACアダプター内部セラミックコンデンサにフェライトビーズを追加
 下記、以下の参考写真のように実装します。

  ③ACアダプター内部トランスのPinの接続に工夫。

トランスコア側に接続Lead線(黒)はトランスPin1からPin2へ接続変更。

※↑上記の改善により、測定した波形図も比較できます。

        

          【改善前】                    【改善後】

本対策対応にて、SIN波に近い波形でレベル(波高値)が低い場合、低周波オーディオノイズが小さくなります。   
上記の様な対策をした出力仕様は、13V/4Aとなります。これは、ギターアンプにご使用頂いている商品です。

ユニファイブは、音響機器関連のお客様と、数多くの取引実績がございます。そのため、ACアダプターの種類も様々で、それに合わせて、音響のIEC60065安全規格基準の設計理念、音響ノイズ6bB-12dBの改善手法、長寿命化の実現に向けた部品選別使用、静電気放電対応、カスタム化要求(金属ピンのガス腐食対応、Beatノイズの改善等)に対応等、ユニファイブの設計部隊は、日々粛々と取り込んでおります。

音響機器は、デジタル時代へ変化しつつ、優雅なフォルム、楽器等としてのクオリティ、磨き上げたグランド管弦打楽器・ピアノを始め、あらゆるシーンでの極上のパフォーマンスを実現するポータブル・電子ギダーとアンプ、ダイナミックに音を引き出すスピーカー等に至るまで、高水準の音質が求められ、商品の付加価値機能も増加している傾向であり、電源の設計においても、ニーズの多様化に合わせたいとのお問い合わせが、年々増えております。特に高品質が求められる日本の電気製品には、そのご要望にお答えすべく、当社も日々進化を続け、精進しております。

これから、新しい技術基準の統括により、一つになったIEC62368の技術基準に対応致します。又、2020年の東京オリンピックの開催、それによるインフラ整備(駅、区役所、図書館、病院等)関連音声機器定期交換、IOT関連(監視音声系機器等)、産業(ロボット、音声広告看板等)など、対応すべき種類は多岐に渡り、あらゆる場面でユニファイブのACアダプターご使用いただけるので、当社のラインナップは、人々の幸せに豊かな生活をもたらす、掛け替えのない重要な物になるでしょう。

ユニファイブは、必ずや、お客様の製品要求に、お応えできるものをご提案できるかと存じますので、ご要望がございましたら、何なりとお問い合わせ頂ければ、幸甚でございます。

では、ご連絡をお待ちしております。