ACアダプターならユニファイブ

ACアダプターの商品複合検索

 

ACアダプターのUNIFIVE問い合わせ先
国内の代理店・取扱店一覧はこちら
ANETshop

Knet

facebook

認証

認証

電源の各種規格に対応致します。

詳細は個別の仕様を御確認願います。

詳細は個別ACアダプターの仕様を御確認願います

 

ACアダプターのRoHS2対応

ACアダプターのRoHS2対応

 RoHS指令(2002/95/EC)は、改正RoHS指令として2011年7月1日に 2011/65/EUがEU官報で公布されました。2002/95/ECはRoHS1、2011/65/EUはRoHS2と呼ばれています。RoHS2は、2013年1月3日までにEU各国の国内法としてRoHS1と置き換えられ、現在は、RoHS2が発効されています。

 つまり、RoHS1は「旧RoHS指令」となったので、RoHS1の内容を遵守していても、必ずしも、RoHS2に対応できているとはいえないことに注意が必要です。現在のRoHS指令は「2011/65/EU(RoHS2)」ですので、RoHS指令を遵守するためには、新たに追加された規制内容にも適合させなくてはいけません。概要は以下の通りです。
 

 RoHS指令には、使用を制限されている物質、いわゆる禁止物質が定められています。この禁止物質は、最初にRoHS指令として発効された2002/95/ECでも、改正RoHS指令として発効された2011/65/EUでも6物質(群)が指定されていましたが、2015年6月4日の官報で(EU)2015/863が公布され、4物質が追加になりました。追加になった4物質はいずれもフタル酸系の物質です。4物質が追加になったことで、禁止物質は合計10物質(群)になりました。(EU)2015/863は、2011/65/EUのAnnexⅡとの置き換えになり、10物質(群)が含有を許される濃度(最大許容濃度)と共に定められています。

 禁止物質と最大許容濃度
 • RoHS1禁止物質
    o 鉛:0.1w%(1,000ppm)
    o 水銀:0.1w%(1,000ppm)
    o 六価クロム:0.1w%(1,000ppm)
    o PBB(ポリブロモビフェニル):0.1w%(1,000ppm)
    o PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル):0.1w%(1,000ppm)
    o カドミウム:0.01w%(100ppm)
 • RoHS2でRoHS1に追加された禁止物質
    o DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル):0.1w%(1,000ppm)
    o BBP(フタル酸ブチルベンジル):0.1w%(1,000ppm)
    o DBP(フタル酸ジ-n-ブチル):0.1w%(1,000ppm)
    o DIBP(フタル酸ジイソブチル):0.1wt%(1,000ppm)

 対象製品(品目)・対象カテゴリ
 対象製品の概略は、RoHS1のときと同じく、交流(AC)1,000Vおよび直流(DC)1,500Vを越えない電圧範囲で使用される電気電子機器ですが、「正しく動作するために電流または電磁場に依存する機器、または電磁場を発生、伝導、測定するための機器」という条件が追加されています。
なお、RoHS1では対象は10カテゴリでしたが、RoHS2では「その他の電気電子機器」として、11番目のカテゴリが追加されました。また、RoHS1では対象外だったカテゴリ8、9も適用開始日が定められ、定められた11カテゴリの全てが対象となりました。
1. 大型家庭用電気機器
2. 小型家庭用電気機器
3. 情報技術(IT)および電気通信装置
4. 民生用電子機器
5. 照明装置
6. 電気電子工具(大型の定置型工作機械を除く)
7. 玩具、レジャーおよびスポーツ用品
8. 医療用機器
9. 監視および制御装置
10. 自動販売機
11. 上記のカテゴリに適用されないその他の電気電子機器

 規制開始時期
今回追加された4物質を含め、合計10物質の規制が始まる時期は、カテゴリによって定められています。
 カテゴリ1~7、11:2019年7月22日
 カテゴリ8、9:2021年7月22日

 当社ACアダプターの対応

当社は、2015年末に展開すべく準備を進めて、2016年8月頃から順次、当社と取引のある部品メーカーにRoHS2指令を書面で説明して準拠することを要求しており、2017年1月1日以降、RoHS2(2015/863EU指令)に適合した部品を購入しております。今後採用する新規メーカーについても、RoHS2に準拠できることが採用条件となります。
弊社のISO規定文書「RoHS産品管理規定」を改版してメーカー工場監査の資料として2015年12月25日から対応開始しております。
SGSレポートにつきましても、2017年1月1日から、RoHS1の6物質と同じように、上記4物質を追加して管理しますので、10物質は全てRoHS2指令を満足できるようになります。