ACアダプターならユニファイブ

ACアダプターの商品複合検索

 

NewsACアダプターのUNIFIVE問い合わせ先
国内の代理店・取扱店一覧はこちら
ANETshop

Knet

facebook

認証

認証

BSMI-RoHS-CNS 15663第5節「含有状況表示声明書」は弊社の「商品検査マーク」表示済み製品に適用されます

電源の各種規格に対応致します。

詳細は個別の仕様を御確認願います。

詳細は個別ACアダプターの仕様を御確認願います

 

ACアダプター用語解説 リップルとノイズについて

ACアダプターの用語解説 リップルとノイズについて

 

今回はACアダプターの用語解説として、「リップル」と「ノイズ」について解説します。
「リップル」と「ノイズ」は、ACアダプターの性能を示す項目の一つで弊社の仕様書には以下のように
表記しています。
《ユニファイブ製品仕様書から抜粋》

 

 

「リップル」、「ノイズ」いずれも直流である出力電圧に含まれる微細な変動を示すもので本来0(ゼロ)であることが望ましいのですが、原理上、完全に除去することは難しく、これがいかに小さいかという事がそのACアダプターの性能ということになる訳です。ただ小さければ小さいほど「いいACアダプター」か、というと、いちがいにそういうことでもなく、「リップル」や「ノイズ」を小さくするには使用する部品の数量や大きさ等に影響する為、大きく、重く、そして価格が高くなることになります。
したがってご使用いただく機器に対して最適な性能を定めて「ACアダプター」をお選びいただく必要があります。

そこで、「リップル」と「ノイズ」の違いについての説明ですが、
一般社団法人 電子情報技術産業協会=JEITAの規格には下の図のように規定されています。

 

《JEITA規格より抜粋》

 

 

 

「リップル」は交流電源の50/60Hzの周波数成分からなる変動、「ノイズ」はACアダプターのスイッチングにより生じる数十kHz以上の周波数成分からなる変動です。
それらを合わせたものと「リップルノイズ」といい、
「リップル」、「ノイズ」<「リップルノイズ」<「リップル」+「ノイズ」 の関係があります。

 

弊社では、ご用途に応じて様々なACアダプターのご用意があり、個別の仕様書もダウンロードできますので是非一度ご覧ください。カスタム対応も得意としております。ご質問等がありましたら、是非ともお問い合わせをお願い致します。あなたなの「こんなのあったらいいのに…」に応えます。
http://unifive.com/download-01/

 

今回ご紹介したJEITAの規格は下記のページより購入することができます。また閲覧だけなら無料で見られるものもありますので、詳しくはそちらをご参照ください。

http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/standard/list.cgi?cateid=4&subcateid=30