電源における効率と待機時消費電力とは?

このページでは、ACアダプター、スイッチング電源における効率と、待機時消費電力とは何かをわかりやすく解説しております。

ACアダプター、スイッチング電源における効率と待機時消費電力とは?

効率:EFFICIENCY

効率 は、入力有効電力、出力電力から規定され、下の式で示されます。
  

  出力電力÷入力有効電力×100 = 効率 (%)

 

コンセントから供給されるエネルギー量=入力有効電力に対して、
アダプターから供給(出力)されるエネルギー量=出力電力 との比を示しています。

例えるなら、1,000円札を両替する場合、100円硬貨10枚であれば1,000円という金額に違いは
ありませんが、
両替手数料として100円必要で、1,000円札が100円硬貨9枚で900円になる状況を効率で表現すると
900円(出力)÷1,000円(入力)×100=効率:90% と表すことができます。

効率100%であれば、理想的なACアダプターといえますが、
実際には、内部で使用されるエネルギーや、変換する上で損失などが生じるために、効率100%を実現する
ことは不可能です。

上の仕様は、CEC(米国カリフォルニア州エネルギー委員会)の定める効率基準のレベルVを満たしていること
を示しています。

 両替の例から考えると、えらく効率が悪く感じられますが、20年近く以前に主流だったトランス方式の
ACアダプターでは、効率が50%程度のものが一般的でした。
現在、主流になっているスイッチング方式のアダプターになってからは、効率は飛躍的に改善されて
最近では、効率80%を越える製品がほとんどとなっています。

待機時消費電力とは?

待機時消費電力は、待機時の消費電力を規定しています。
ACアダプターをコンセントに接続して、出力を接続しない状態でも消費される電力の値です。

これを例えると、水道の蛇口をしっかり絞めていても、わずかに漏れ出す水滴に例えることができます。
水道の蛇口は正常な状態での水漏れはありませんが、ACアダプターの場合は、これも原理上ゼロにする
ことは難しく、どうしても待機時の消費電力をゼロにする必要がある場合は、
水道の元栓を締める作業に相当する、「ACアダプターをコンセントから取り外す(抜く)」または
「スイッチ付きのテーブルタップなどを利用してスイッチを切る」などの方法が必要になります。

上の仕様では、待機時消費電力が0.3W以下であることを示しています。

高効率ACアダプター、スイッチング電源なら実績の豊富な当社へお任せください。

製品のカタログをPDFで一括ダウンロード

ダウンロードフォーム

お気軽にお問い合わせください

ACアダプター、スイッチング電源その他、弊社の製品・サービスに関するご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5577-5456

  • 受付時間:平日 10時~12時/13時~17時