MTBFとライフサイクルの違いとは?

ACアダプター、スイッチング電源におけるMTBFとライフサイクルの違いについてわかりやすく解説しております。

ACアダプター、スイッチング電源におけるMTBFとライフサイクルの違いって?

MTBF(平均故障感覚)とライフサイクルはいずれも製品の信頼性の重要な指標です

MTBFMean Time Between Failures)とは日本語で平均故障間隔と言います。製品の動作中またはテスト中の平均連続無故障動作時間のことであり、信頼性が36.8%まで低下する平均時間です。

現在一般的に使用されている推定方法は、部品カウント法(Part count)および構造解析法(Stress Analysis)で、MIL-HDBK-217FTelcordia SR332Siemens Norm、FidesまたはUTE C 80-810RDF2000)などの基準が含まれています。

一方、ライフサイクルとは、単に当該製品のインダクタが動作環温度条件で温度を上昇させ、そのインダクタの寿命の参考値を計算することを指しています。

ACアダプターをより長く使いたい、そのためにはどうすれば良いか?

長寿命の製品が欲しいなあ 等々、弊社営業までお問い合わせください。

お客様のご希望に合う製品をご提案させて頂きます。

関連コンテンツ

製品のカタログをPDFで一括ダウンロード

ダウンロードフォーム

お気軽にお問い合わせください

ACアダプター、スイッチング電源その他、弊社の製品・サービスに関するご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5577-5456

  • 受付時間:平日 10時~12時/13時~17時