ACアダプターのトラッキング対策について

第14回のアダプタNEWSは、ACアダプターのトラッキング対策と題しまして、トラッキング現象からアダプタを守るための当社の対策をご紹介致します。ACアダプターを安心安全にお使い頂くための大切な対策となります。

 


ACアダプター&スイッチング電源のユニファイブ です。

今回の《ユニファイブ のアダプタNEWS(第14号)》は…

「ACアダプターのトラッキング対策について…」です。

 


ご存知の方も多いと存じますが、ACアダプターのトラッキング現象とは、

ンセントに差し込んだプラグの周辺に水分や埃などが付着することにより、プラ

グ間に電流が生じ、火花放電を繰り返すことで絶縁樹脂の表面が炭化

し、炭化伝導路(トラック)が形成され、最終的に発火に至る現象です。

 一般には、以下の図のように、このトラッキング現象に対しての対策

は、プラグの根本に絶縁キャップを入れ、土台をかさ増しすることで、

ショートを防ぐ方式がよく見受けられます。 

この対策があまりにも有名であることから、お客様から時々、「御社

のACアダプターはトラッキング対策されているのでしょうか?」と質問を受

けることがございます。

 弊社では、ULなどの安全規格を受験した際に、絶縁キャップが障害に

なった事例が過去に有りました為、ウォールマウントタイプのACアダプターでは

2本のACプラグの間に、溝を設けてトラッキングを防止する方式を長年

採用しています。

 実力も、絶縁キャップタイプと相違ありませんし、当然この方式はP

SEを始め、同様のプラグ規格を有する、ULやBSMIにも満足できる物と

っておりますので、ご安心してご使用いただけます。 

ご不明点や確認をされたい事がございましたら、こちらのフォーム

又はお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

製品カタログをPDFでダウンロードできます。

ダウンロードフォーム

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5577-5456

  • 受付時間:平日 10時~12時/13時~17時