ピーク電流とは

スイッチング電源、ACアダプターにおけるピーク電流について、詳しくご紹介いたします。お客様のピーク電流に対応した製品の供給が可能です。

ピーク電流について

 DCモーターやポンプをご使用の場合は…

アダプタや内蔵電源の問い合わせを頂いた際に、お客様に用途を尋ねるとDCモーターやポンプを使用した機器に使用されることを考慮している。

という話が昨今では多くなってきました。

 

DCモーターやポンプを使用した製品は、扇風機や空気清浄機のファンの駆動部、ミシン、スキャナやコピーの用紙送り部等、身近なところで意外と多く使用されています。

 

弊社では電源の相手側の機器が、DCモーターやポンプを使っている事がわかった場合、お客様に「ピーク電流は問題ありませんか?」という問いかけをしています。

 

ピーク電流とはDCモーターを駆動する際に入ってくる、瞬間的な過大電流のことです。

 

これを気にせずに使用すると、電源が意図してない状態で保護モードに入って機器の動作を止めてしまったり、電源に使用している部品の早期故障を招き、最終的には機器側の動作を止めてしまう。といった不具合を招く恐れがあります。

 

ピーク電流は初期の段階で対策をしておくのが得策ですので、調整が必要なお客様にはピーク電流の波形図データを頂いています。

波形のデータ提供が難しいお客様には、ピークの波形の最大電流値とその電流が発生する時間幅についての情報の提供をお願いしております。

 

弊社の電源では240WのUOHC3240シリーズや、UOHL3240シリーズの様に2倍のピーク対応が可能な機種もありますが、標準機種では定格電流の20%から30%増にて、過電流保護が働くようになっております。

 

弊社ではこうした標準機種をベースに、お客様のご要求に合わせて、電源の安全性を考慮しつつ、対策を提案しております。

 

 

DCモーターやポンプ等、ピーク電流が心配な機器に電源のご使用を検討される事がございましたら、是非弊社にお声け頂いければと存じます。

製品のカタログをPDFで一括ダウンロード

ダウンロードフォーム

お気軽にお問い合わせください

ACアダプター、スイッチング電源その他、弊社の製品・サービスに関するご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5577-5456

  • 受付時間:平日 10時~12時/13時~17時